ベトナム旅行〜よく使う言葉はこれ!〜挨拶と数字だけは覚えておくと便利

Imported Image 16

ベトナムでは英語はあまり通じません。でもスマホの翻訳があれば大丈夫!ですが、とっさの時や山奥で繋がらないときは、少しでも話せると便利です。

今回はこれだけ覚えておくと便利だった!という挨拶と数字の覚え方をご紹介します。

旅でよく使うベトナム語

あいさつ

あいさつは、基本中の基本。

「こんにちは」と「ありがとう」だけは覚えておくと良いです。

「こんにちは」→ シンチャオ

「ありがとう」→ カムぅン

man

ベトナム語で発音が難しいんでしょ?

とよく言われますが、はい、難しいです。

だから

「こんにちは」→ シンチャオ

「ありがとう」→ カムぅン

も、はっきり言って違います。

でも、文脈からちゃんと伝わります。

例えば、Grabでタクシー読んだときに、第一声は

「シンチャオ」

です。

厳密に言えば、違う発音ですが、外国人が第一声で「シンチャオ」と言えば
こんにちは、って言ってんだな、って伝わります。

man

ちゃんと発音しようと思ってできなくて、何も言わないより、ずっと良い!と思いますよん。

それから、「ありがとう」はさらに難しい発音です。

まず、正しい発音はできないと言っていいと思います。

ただ、こちらも文脈で伝わります。

タクシー降りるときに「カムぅン」って言えば
あ、ありがとうって言ってんだな、って伝わります。

man

「カムぅン」が難しかったら英語の「カモン!」で覚えても、まぁ、伝わります。

そして、ここで、「ありがとう」の上級編を。

「ありがとう」から「ありがとうございます。」と丁寧に言うと喜ばれます。

ベトナムは結構、話し言葉で目上の人には、この呼び方、みたいな
年齢で決める場合があるので
特に目上の人に「ありがとう」をいいたい時はこれを!

「ありがとうございます。」→ カムぅン ニョ

「ニョ」をつけると丁寧になるんです。

難しかったら、カモンニョ

で覚えましょう。

数字

数字は覚えてて本当に良かった!

なぜなら、ベトナムのお金は「ゼロ」が多い!から

例えば英語で、ミリオンとかビリオンとか言われても、

それを日本語に直して、、、「え〜、っと3000000?!、300000?!え、どっち?」

「合ってる」「あーーーわからん!」

となります、はい、確実に。

さらには、都市部であっても、意外と英語ができない人が多いです。

しかも、数字もわからないくらいに、英語ができない人が多いんです。

なので、英語で言っても通じないんですね〜。

そして、危ないのが

「15」と「50」

どっちも「フィフティ」って発音しはります。笑

間違って「50」を払ってしまいがちですが、

実は「15」やった、ってことが起こります。

man

なので、数字を覚えておくと、お互いにとってとても便利!

まずは、1〜10まで。

これが、基本です。

私はこちらの動画で習いましたよ!

123:モッ ハイ バー
456:ボン ナム サウ
789:バイイー ターム チン
10:ムーイ

こちらの動画でよく勉強したら次は

更にこちらに足して

100桁 → チャム
1000桁 → ニン

を覚えると完璧!

なぜなら、ベトナムのお金は「0」が多いから!

100.000ドン」の場合(タクシーで数キロぐらいかな)

1 → モッ
100の桁 → チャム
1000の桁 → ニン

なので、「モッチャムニン」となるのです。

これで、ほぼすべての買い物ができます!
めっちゃくちゃ便利です。

生ビールはだいたい「15.000ドン」ですから

10 → ムーイ
5 → ナム

で、「ムーイナム」となります。
ベトナム人も「0」が多すぎるので最後の3つの「0」を飛ばすことがあります。
正確に言うと

10 → ムーイ
5 → ナム
1000桁の数字 → ニン

で「ムーイナムニン」となります。

この1〜10の数字と100桁の「チャム」と1000桁の「ニン」を覚えれば
めっちゃスムーズにお金の確認ができます。

ベトナム人は英語がわからない人が結構いるので
相手もベトナム語で数字を言ってくれるほうが助かるみたいです。

man

スマホの電卓で数字をみせてやりとりしたらいいやん!

って思うかもしれませんが、もちろんそれでもいいんですが

これもまた勘違いや誤解を生みます。
なぜなら「0」が多いから。。。。

友達が人力車みたいなシクロに乗る時に
運転手のおっちゃんに、電卓でみせて15000ドンとやったらしいですが
降りるときに、150000ドンって言っただろう!

みたいに、喧嘩に?なりました。

その時は、近くのベトナム人に間に入ってもらって収めてもらったんですが

やっぱり、数字を話せるに越したことはないですね。