金魚草の切り戻しの時期とやり方

金魚草の切り戻し植物

金魚草の切り戻しは必要?その時期とやり方と実際やってみた写真をご紹介します♪

金魚草の切り戻しをすると秋もお花が楽しめます!

昨年の冬にDAISOで買った「金魚草」の種。

蒔いて見たら、100%かと思うくらいの発芽率で芽が出ました。

それが、春になり色鮮やかに咲いてくれてよろこんでいると

金魚草は春と秋に二度咲いてくれる、ということで

切り戻しをしてみたいと思います。

金魚草の切り戻し時期

いろんな説明を見ていると花後の6月くらいがいいみたいですが

我が家は西日本ですが山に近く、寒いんですね。

それで、気づいたんですが

よく種を買ったらその後ろに、種まき時期が書かれていて

東日本は○月〜、西日本は○月〜

なんて書かれていますが、どうも、それを見ていると

我が家は、西日本にありますが、その基準から+1ヶ月か1ヶ月半くらいがちょうど

同じ気温になるようです。

ですので、今回は、7月の1週目に切り戻すことにしました。

それに、花後は、種ができるのですが

種が採れるのが、だいたい6月終わりから7月でした。

金魚草の切り戻し位置

花より下でカットする、ということですが

我が家の金魚草は、背丈が1m近くあったので、それでは、長すぎます。

背が高くなると、雨風で倒れますし

ちょっと困りましたが

ずっと寒くて急に暑くなる、という我が家周辺の気温では

しょうがないですね。。。

さて、どれくらい切り戻したのかというと

1mぐらいから → 大体3分の1程度です。

これだと、倒れません!

IMG 0276
6月初旬頃の金魚草

IMG 0618
切り戻した金魚草

だいぶすっきりしました。

右側のほうが、葉が茂っているのですが

その部分のほうが、1日中陽が当たるんです。

これは、切り戻してから1週間くらいですが

もともと、ふさふさしていたのと、陽が当たるのとで

右側が葉が茂っています。

切った高さは全部同じで、三分の一ほどです。

このまま、肥料をあげずに、お休みしてもらって

秋頃になったらまた花を咲かせてくれるのを待ちます。

ちなみに、この花壇は、CAINZのレイズドベッドです。

今年で3年目になりますが、耐久性問題なしです。

もともと砂利だったところに、

簡単に花壇がつくれるので

とてもおすすめです。

CAINZのレイズドベッドの記事はこちらからどうぞ。

まとめ

結局、どこに住んでいるか、そこはどんな気候か

どこに植物があるのか

が大事で

臨機応変に、いつ切り戻しをするのか、を決めるのが一番ですね。

金魚草の場合、種を採りたかったら

種ができるまで待って切っても全然遅くないです。

金魚草は強いので、少々時期が遅れても

すぐ新芽が出てきてくれますよ。

タイトルとURLをコピーしました