唐辛子で手が痛いときの治し方「油」「重曹」「牛乳」3つを試しました!

青唐辛子

唐辛子で手がヒリヒリ?!

青唐辛子を料理していたとき
数本切り終わったら

あれ? 手がなんか、ヒリヒリするな。。。

と感じはじめ、、、

ものの数分で、痛くて料理ができないレベルまでになりました。

とにかく、痛い!熱い!痛い!ヒリヒリ!が両手いっぱいに。

急いで対処法を調べました。

唐辛子で手が痛い時の対処法

主に3つ

  • 油をぬる。→ 石鹸であらう。
  • 重曹水につける
  • 牛乳につける

全部、やりました。

結果、油が一番効いた気がします。

ただ、気がします、レベルです。

もともと手荒れがあって
皮膚科に通っているくらいで皮膚が薄いうえに

青唐辛子を素手で触ったらいけない、ということを知らなかったために
これでもかと、素手で種をゴシゴシと取り除いたりしたものですから
その痛みは強烈でした。

痛みが和らいて来るまでに、1時間半。
熱さがひくまで2時間。

かかりました。

唐辛子で手が痛いときにやったこと

痛みをとるには、油(どんな油でもOK,私は米油を使いました。)をぬる→3回くらい繰り返し
その後、ハンドクリームの重ね塗り。→副腎皮質ホルモンの塗り薬。

熱をとるために、アイスクリームを冷凍庫から取り出し、カップの中身を食べ尽くすまで握っている。
その後、ボウルに水を張り、手を浸ける。

これで、やっと収まりました。。。

2時間です。。。

↓これが、わたしを救ったもの。ニベアハンドクリーム。
ぜひ、一家にひとつ。常備を!

青唐辛子はぜったいに、素手で料理しないでください〜!!

唐辛子のひりひりの正体は?

唐辛子に含まれるカプサイシンというヒリヒリのもとの辛味成分は、水でなく油に溶けるので
油で洗うのがいいようです。
カプサイシンが残っているままの手で、触ると触ったさきにも痛みが飛び火するので
ピンポイントで洗うようにしましょう。

まとめ

唐辛子を触って、手が痛くなって
大騒ぎした時からはや1ヶ月経ちました。

今では、まったくどこも支障なく過ごしています。

なので、上記でご紹介したやり方は
まぁ、安全で後遺症みたいなものは残らないと思われます。

家にあるもの(油)で対応できるので
ぜひ、困ったときは試してみてくださいね♪

\ この記事をシェアする /
青唐辛子