電動アシスト自転車【バッテリー】盗難防止・盗難対策〜Tb1eを買った時にやっておくべきこと!〜

Imported Image 4

Tb1eをオンラインで購入しました。
自転車本体が家に届いたはいいですが、そこから乗車する前に
やっておきたいことを紹介します。

バッテリーのシリアル番号を控える

自転車本体の番号ではなく、バッテリーの番号です。

たいていの場合、購入者自身がバッテリーの番号を控えておかないと

その他、誰も控えている人がいない状態のようです。

自転車屋さんも、メーカーさんも、バッテリーのシリアル番号までは控えていないことが多いそうです。

で、なぜバッテリーシリアル番号を控えておくことが重要なのかというと

バッテリーを盗難された際、万が一見つかったときに

man

私のバッテリーです!

と、主張できるからです。シリアル番号が合致すれば

警察での引き渡しができる可能性が出てきます。

でも、バッテリーのシリアル番号がわからないと、証明ができないんですね。

そんなわけで、電動アシスト自転車のバッテリー盗難対策として

バッテリーのシリアル番号を控えておく。ことをオススメします。

電動アシスト自転車のバッテリーのシリアル番号はここで確認

大抵の電動アシスト自転車のバッテリーは底部分に記載されているようです。

↓はブリジストンのTb1eのバッテリーです。
やっぱり底に記載されていました。

Tb1eバッテリーシリアル

これをメモ(写真を撮る)しておけば良いですね!

自転車防犯登録と自転車保険

これに関しては、以前の記事に詳しく書いていますので
参考にしてください。

コントローラの保護

紫外線や雨や…様々な要因でダメージを受ける

コントロール部分。

ここには、カバーをしておくことをおすすめします。

これは、私が使っている、半年以上経ってますが、問題なく使えているものです。

まとめ

リチウム電池だけを盗む、電動アシスト自転車のバッテリー泥棒がいるようです。

どうやら盗品はフリマサイトなどで売るようなのですが

困ったものです。。。

とただ言っていてもしょうがないので

自分ができることはやっておきたいですね。

バッテリーのシリアル番号は自分以外は、誰もわからない領域なので

電動アシスト自転車を購入後は忘れず、メモしましょう。