トレニアの挿し木は1分で終わります

トレニアの挿し木

トレニアというお花。

春からお店で出回っています。

紫やピンクの小さな花が咲いて、周囲がぱっと明るくなります。

そんな、トレニアの挿し木をやってみたら

とても簡単だったので、ご紹介します。

挿し穂を選ぶ

もともとある株は

ホームセンターで半額で買ってきたのですが

買った当時は「ぐたーーーーっ」とうなだれていたのですが

植え替えると数日で元気になりました。

さて、その元気になったトレニアも

元気になりすぎて、葉と葉の間の風通しが悪くなってきたので

風通しがよくなるように、要らない茎をカットします。

ふさふさになってきたトレニアの株
この枝をカットすると、風通しがよくなりそう。
こんな感じでカットしました。花芽が4つもついて、今にも咲きそうです。

お花が咲きそうな、茎でも大丈夫です!

土に挿し木します

この挿し穂を、水にもつけず、切ってそのまま花壇へ。

土に少し穴を開けて、そこに差し込みます。

節の部分を土に差すことだけ、注意が必要

終了です。

あとは、水をあげて、できれば長時間直射日光の当たらないところに

おいておけば良いです。

天気予報を見て、翌日から雨が続きそうな時にすると
本当に、切って、土に刺して
その後、水やりせず、なんにもしないで済みます。

また、こちらの写真は、同じ要領で挿し木したものです。


だいたい、挿し木して3週間後くらいです。
花は1度咲き終わって、2回め、3回目くらいです。
1cmくらい成長した感じです。

\ この記事をシェアする /

トレニアの挿し木